お手伝いは子供の「思いやり」を育むチャンス! 3児パパ・照英さんの家事分担術とは

お手伝いは子供の「思いやり」を育むチャンス! 3児パパ・照英さんの家事分担術とは
子供がいる家庭ではどうしても家事の負担も大きく、分担がもめ事の原因になることも。3人の子供たちとにぎやかに暮らす、タレント・照英さんのお宅では、どのように家事分担をしているのでしょうか?

» 照英さんの連載一覧はこちら!

「できる事」と「できない事」
互いのいいとこ取りで分担を!

家事の分担をする時に大事にしているのは、妻には妻のペースがあるというのを忘れないこと。後でやるつもりだから手を出さない方がいいのか、忙しくてできないから手伝った方がいいのか、これを見極めるのが難しい! 妻をよく観察して、やってほしそうな時は率先して家事をするようにしています。

僕が家事をするのは、手伝うことで「妻の時間を作る」「家族の時間を増やす」と考えているから。僕が終わらせればご飯も楽しく食べられるし、夜のおしゃべりもたくさんできるでしょう?

せっかく結婚して夫婦になり、家族になったんだから、「助けてあげよう」という気持ちが大切だと思います。お互いができること、苦手なことをいいとこ取りで分担するのが理想ですよね。

子供に手伝いをさせることで
「思いやり」を育てる

家事をする姿を見せることは、子育てにも絶対影響します。僕が洗濯物をたたんでいると、高校生の長男は黙って手伝いにきてくれますよ。

逆にもし僕がたたんでいる横で子供がスマホを見ていたら、「本当にそのままでいいの?」と言うと思います。「僕は今、君のTシャツもたたんでいるし、家族全員の洗濯物をたたんでいる。少しでもママの助けになりたいと思っているんだよ。それを見て、何とも思わないかな?」。そう言うと、きっと手伝ってくれますよ。

これは家事分担だけの話ではなくて、思いやりの話。人が困っている時に助けてあげようとする気持ちがなければ、自分も助けてもらえないでしょう。洗濯物の干し方、畳み方なんてどうだっていいじゃないですか。実際に畳む行為、茶碗を洗う行為が大切。それを子供たちには伝えています。

お風呂のお湯張りひとつにしても、誰かが帰宅する時間に合わせて終わらせておけば、帰ってすぐにお風呂に入れますよね。やっていなかったら10分、15分と待たなくちゃいけない。その無駄をなくすために先に考え、先に行動することを覚えるのは、子供たちにとってものすごくプラスになると思います。

言葉にしない気持ちを
察して動けるようになる

人は自分だけでは生きていけないし、自分中心で生きていても何も成長できないでしょう。「自分はこのやり方できたんだ」「自分はこれで生きてきたんだ」と頭がカチカチになっていたら、周りの人はついていきませんよね。自分を大切にするためにも、人のことに耳を傾けることが大切。僕の子育てでは、常にそのことを子供に伝えています。

コロナが流行り始めたばかりの頃、息子の友達が感染してしまったことがあるんです。息子は別の友達とその子の自宅まで行って、ゼリーなどが入った袋を玄関のドアに掛けながら、「待ってるからね! 早く治して戻ってきてね!」と外から声をかけていたんですって。その子の親からその話を聞いて、思わず涙ぐんでしまいました。

まわりの人が言葉にしない気持ちを感じて、支えてあげる。知らないうちに子供にもそういう気持ちが芽生えているんですよね。誰かに言われたからじゃなく、自分からやろうと思ったことにも感動したし、これまでのわが家の子育ては間違いじゃなかったんだなと確信しました。その代わり、成績の評定は全然ダメですけどね(笑)。

プロの親なんていない!
ダメな所も子供に見せよう

ママが家事をメインに行う家庭の場合、「手伝ってよ!」と文句を言うとママが悪者になってしまうパターンもあるかもしれませんね。そういう時は、やっぱりパパが家族を巻き込み、「家事をみんなでやろうよ」と言ってほしい。ママも「完璧にやろう」と思わず、どんどん「ヘルプ!」を伝えればいいと思います。

お母さんだからってできないこともある。大人になって、ママになったから、家事のことも家計のことも勉強しながら頑張っているだけで、できないことはたくさんあるというのを子供にどんどん伝えた方が絶対いい。

「ママ、これできてないよ」なんてもし言われたら、「やり方教えてよ!」と言ってもいいんじゃないかな。もしかしたら子供からすごいヒントが出てくるかもしれないし、子供の自立心がポンと生まれるかもしれませんよ。

親はプロじゃない。僕だって、親になってから常に自分を調整し続けてる気がします。悩み続けて、一生懸命パパとママをやっていることを子供に知ってもらった方がいい。そうすれば、素敵なファミリーづくりができるんじゃないかな。

PROFILE

照英(しょうえい)

1974年生まれ。俳優・タレント。学生時代、やり投げで全国区の選手として活躍。その後ファッションモデルとして活動し、『星獣戦隊ギンガマン』で俳優デビュー。芸能界にフィールドを広げ、現在は司会やリポーターを務めるなど、幅広く活動している。私生活では、3人の子供のパパとして子育てに奮闘中。等身大の子育て論が、子育て世代に強い共感を呼んでいる。

» 照英さんの連載一覧はこちら!


文:藤城明子

連載記事 連載記事

〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやす先生の「子供の力を信じて伸ばす関わり方」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉谷崎テトラの「未来の地球人育て」
メニューフォームを閉じる

FQKids | 親子のウェルビーイング教育メディア

メニューフォームを閉じる