わが子のゲームやりすぎが心配なパパママ必見! 子供の目と健康を守る“4つの習慣”って?

わが子のゲームやりすぎが心配なパパママ必見! 子供の目と健康を守る“4つの習慣”って?
自宅で過ごす時間が増えたこともあり、ゲームのやりすぎによる子供の「ゲーム時差ボケ」増加が指摘されている。コロナ禍で迎える冬休み、子供とゲームの関わり方について、パパママはどのように気をつけたらいいだろう。

心配される「ゲーム時差ボケ」とは?

コロナの影響で在宅時間が増え、おのずとスマホやパソコンを触る時間が増えている昨今。ブルーライトの浴びすぎによって体内時計が乱れ、身体が昼夜逆転状態になってしまう「デジタル時差ボケ」が注目されている。そして冬休みを迎える今、子供たちのゲームのやりすぎによって引き起こされる「ゲーム時差ボケ」が懸念されている。メガネブランド「Zoff」を運営する株式会社インターメスティックが、小学1年生~6年生の子供を持つ保護者500名を対象に実施した「小学生のゲーム時差ボケに関する実態調査」の結果を見てみよう。

小学生の3割が
すでに「ゲーム時差ボケ」に!?

調査に使われたのは、ゲーム時差ボケに関する10項目のチェックシート。このうち6個以上チェックが入る場合はゲーム時差ボケに陥っている可能性があり、4個以上はゲーム時差ボケ予備軍とされている。
このチェックシートによる調査の結果、30%近くの子供がすでにゲーム時差ボケに陥っていることが判明。特に小学6年生の男の子に至っては52.9%、実に2人に1人以上がゲーム時差ボケ状態であるという結果に。
また、コロナ禍でのゲーム時間について、35.8%の小学生が「増えた」と回答し、一週間の平均時間はコロナ前と比べ約110%増加していることがわかった。

そしてゲームのやりすぎは生活習慣の乱れも伴うようだ。ゲーム時差ボケに該当する小学生のうち80%以上が「早寝早起きが苦手」と回答している。

また、親とのコミュニケーションにも影響が見られた。ゲーム時差ボケに該当していない小学生の親子間の会話が1日平均87分であるのに対し、該当する小学生の家庭では平均65分と、家庭での会話が少ない傾向がうかがえる。

親子で実践したい
「4つのゲーム習慣」

大人に比べて感受性が高い子供の目は、ゲームのやりすぎによって健康を害するリスクが高い。自宅で過ごす時間がさらに増える冬休みは、子供たちの目と健康を守るために、眼科専門医が推奨する「4つのゲーム習慣」を実践したい。

①1時間プレイしたら休憩しよう

連続プレイ時間は最大1時間とし、長時間の目の緊張による疲労を避けよう!

②1日のプレイ上限時間を決めよう

1日2時間まで! など、上限時間を決めてメリハリをつけてゲームを楽しもう。

③家族での日中散歩を習慣にしよう

日光を浴びることは子供の成長にとってとても大切。近視の進行を遅らせる効果も。

④ブルーライトカットメガネやフィルムを活用しよう

ゲームをする時はブルーライトをカットするメガネやフィルムを使って目を守ろう。


おうちでの時間が増える冬休み。子供がゲーム時差ボケに陥らないよう、この機会にゲームの家庭内ルールについて話し合ってみよう。

DATA

Zoff公式サイト

〈調査概要〉
Zoff Eye Performance Studio調べ
「小学生のゲーム時差ボケに関する実態調査」
日時:2020年10月31日~2020年11月1日
対象:小学1~6年生の子供を持つ親500名
地域:全国
※ゲーム:TVゲーム・スマホゲーム・携帯型ゲームなど家庭用ゲームを指す。


文:Larako

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!