重さは2/3、価格は1/5の新発想のランドセル型通学バッグ! 1週間の試用サービスも

重さは2/3、価格は1/5の新発想のランドセル型通学バッグ! 1週間の試用サービスも
小学校入学を控えた我が子のためのランドセル選び、通称「ラン活」。素材、デザイン、ブランドなどの多様化で、ラン活はますます過熱している。ランドセルといえば、その重さが問題となることが多いが、それを解決する新たな通学バッグが登場。ラン活もいよいよ新たなフェーズに突入した!

開発はわが子のラン活から

水泳用品メーカーのフットマーク株式会社が開発したのが、小学生のための新しいランドセル「ラクサックジュニア」だ。
開発のきっかけは、担当者が自身の子供のラン活で感じた疑問だった。
「こんなに重くゴツくて子どもの体は大丈夫だろうか……。でもランドセルを用意することは当然のような流れになっている」

そんな時、京都の顧客から「この地域ではナイロン製の軽いリュックを背負う子供が多い」との情報を得て、従来のランドセルにこだわらない小学生のための通学カバンを開発することになったのだ。

開発テーマにしたのは「子供が楽に背負える通学カバン」。6年間で身長が50cm前後伸びる成長期に、1サイズのバッグを背負い続けるより、成長に合わせてカバンを買い替え、より子供の体にあったカバンを使ってもらうことを提案している。

ラクサックジュニアのラインナップは、身長125cmを基準とした「低・中学年モデル」、身長145cmを基準とした「中・高学年モデル(2021年発売予定)」の2サイズ。
素材はポリエステル100%で、イエロー、ピンク、ブラック、ブルー、ラベンダーの5色を展開する。

子供の目線に立った11の機能

重さは従来の革製品に比べておよそ3分の2と軽量で、価格は9,900円(税込小売希望価格)。ランドセルの平均価格5万円に対し約5分の1のラクサックジュニア。

その機能も充実している。中の荷物が揺れないよう固定できるブックストラップは、体への負担を軽くするだけでなく、厚みの違う教科書類を簡単に区別できる。低学年の子供でも荷物を整理しやすそうだ。

そのほか、両肩紐や本体周囲をぐるりと囲んだリフレクター(反射材)や、背中へのフィット性を高めつつも蒸れにくい仕様の背面のメッシュパッドなど、安全性・快適性にもこだわっている。

貸し出しサービスで試用チャンス

このラクサックジュニアの使い心地を実際に知ってもらおうと、フットマーク社では貸し出しサービスを開始した。貸し出し期間は1週間。その間に子供と一緒に購入を検討できる。

申し込みはラクサック公式サイトか、または電話にて、同社スクール販売部070-2480-7429(担当/山田)まで。

最終的にどんなランドセルにするにせよ、親子で一緒にランドセルを選ぶ、そのことが、きっと素敵な思い出になるだろう。

DATA

フットマーク株式会社

#タグ一覧
#入学準備
#小学校

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!