小学1年生の時間割がガラッと変わった!? パパママに知ってほしい「新しい学び方」

小学1年生の時間割がガラッと変わった!? パパママに知ってほしい「新しい学び方」
コロナで話題になりにくかったが、新学習指導要領は一昨年春から実施。幼児教育と小学校教育の接続のための「スタートカリキュラム」は全国の小学校で始まっている。

>>関連記事【噂の小1プロブレムって? 対策のカギは、幼児期に育むべき10の姿と新カリキュラム】

保護者が受けた教育とは違う
新しい学び方が始まっている

幼児期の遊びを通した学びから教科等への学びへと円滑につなぐために生まれた「スタートカリキュラム」の内容はどんなものか。横浜市は2009年から「スタートカリキュラム」を実施している。

下の時間割は入学直後の4~5月の例。いきなり教科別の授業に入るのではなく、少しずつ学校に慣れるよう、3つの学びの時間が設定されている。最初は遊びを中心に、新しい友達と仲良くなり、自分を表現できるようになる「なかよしタイム」が多い。

3つの学びの時間帯 配分例

出典:「横浜版接続期カリキュラム平成29年度版」、保護者向けリーフレット「安心して入学を迎えるために」

神奈川県横浜市が実施する
入学後のカリキュラム

横浜市では、「学校って楽しい」「友達がいてうれしい」「自分の居場所があって心地いい」と、子供たちが思えるように教育活動を工夫している。スタートカリキュラムはそのひとつ。安心して学校生活を始めるとともに、乳幼児期に身につけた「これは何?」という興味・関心、「みんなで考えよう」という協同する力などを発揮し、主体的に学びに向かう力を育む。

 

まずは学校に慣れるよう安心できるスペースを作る。子供同士が自由に遊べる場があることでリラックスでき、新しい友達と仲良くなれる。

「なかよしタイム」の友達作りゲームのようす。ゲームを繰り返すなかで、新しい友達に声をかけるなど、関わりを広げたいという意欲が育つ。

次に多い「わくわくタイム」では、具体的な体験を通じて学ぶ意欲を育て、教科学習につなげていく。そして、徐々に増える「ぐんぐんタイム」で、子供たちの興味や関心に合わせながら教科の学習へ移行する。

生活科を中心とした合科的な学習(わくわくタイム)では、学校探検をして学内の生き物や人に出会うなどを通して、問題解決的な学習を行う。

教科書に向き合うだけでなく、植物の観察など実物に触れて体験的に学ぶことや、じっくり取り組み自分で考える時間を作ることで成長を促す。

集団での遊びや学級での活動を通し、友達と一緒に活動する楽しさや、共通の目標に向かって協力することの大切さを感じられるようにする。

徐々に学習の要素を組み込んでいけるように、教科のねらいに近づける楽しい活動をして、円滑に教科の学習へ移行できるようにしている。

「○○タイム」と名付けて時間割を工夫するのは横浜市独自の取り組みだが、各自治体、各学校が授業時間や学習環境を考慮し、学習への興味・関心を高める工夫をしている。「保護者たちが子供だった頃と違い、学び方は新しくなっています。入学前に教え込まなきゃと焦らず、楽しい学びがスタートすることを、親子でワクワクしながら入学を迎えてください」。

教えてくれた人

大豆生田啓友さん
玉川大学教育学部教授。乳幼児教育学・子育て支援が専門。NHK Eテレ「すくすく子育て」をはじめテレビ出演や講演活動など幅広く活躍中。著書に『非認知能力を育てる あそびのレシピ』(講談社、共著)など。


文:江頭恵子

FQ Kids VOL.08(2021年秋号)より転載

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!