端材から育む、想像力とSDGsへの意識。ハンズがサステナブルな工作品を募集中

端材から育む、想像力とSDGsへの意識。ハンズがサステナブルな工作品を募集中
工作は子供の想像力と創造性を養うのにうってつけだ。その素材に端材を使うことで、環境への関心を高めてもらおうという作品公募がある。端材ならではのユニークな形状からどんなオリジナル作品が出来上がるだろうか。

いつもと違った芸術の秋に

生活の中でSDGsを意識したら、まず取り組みやすいのはモノを捨てない、再利用することだ。これまでゴミとして出していたものも、見方を変えればまだまだ何かに使えたりする。

この「見方を変える」という方法はアートにおいても基本的な素養の1つ。当たり前ではない視点で、対象から新鮮な本質をつかみ取る行為が芸術だ。芸術の秋を子供と楽しむなら、今年はSDGsを意識した作品作りに挑戦してみてはいかがだろうか。

バラエティ豊かな端材で
自由な創作を

端材、廃材を使ったアート作品を公募しているのは「端材でハンズメイド大賞 2022」。主催するのは株式会社ハンズだ。

ハンズでは製品の生産時にどうしても出てしまう端材や廃材をパッキングして、Hand Marks「端材/廃材シリーズ」として販売している。ラインナップはスポンジパック、革パック、木材パック、ヒバチップパック、ろうそく芯パック、シーグラスパックなど幅広い。

「端材でハンズメイド大賞 2022」では、この「端材/廃材シリーズ」を使ったオリジナルハンドメイド作品を募集している。応募期間は9月9日(金)~11月13日(日)。まずはネット上の応募フォームから画像で応募する。11月中旬に一次審査(画像審査)、12月中旬に最終審査(現物審査)を経て2023年2月中旬に結果発表の予定だ。

小学生以下の作品の審査にあたるゲスト審査員は造形作家の丸林佐和子氏。『しまじろうのこどもチャレンジ』造形あそび監修。Eテレ図工番組『キミなら何つくる?』造形スタッフを務める。ゲスト審査員賞にはハンズギフトカードなどが用意されている。

ハンズではこの取り組みを、端材や廃材を有効活用したサステナブルなものづくりの実現によって廃棄物の削減を目指し、SDGs達成に寄与するものと位置づけている。

特にSDGs目標の9「産業と技術革新の基盤をつくろう 」、12「つくる責任 つかう責任」、15「 陸の豊かさも守ろう」、17「パートナーシップで目標を達成しよう」を意識した企画だ。

危機の時代の
クリエイティビティとは

子供は時々、大人には真似できない自由な発想を見せる。工作の素材が端材かどうかなど、本来関係ないのかもしれない。これはちゃんとした材料、残りはゴミ、と区別して廃棄物を生んでしまうのは大人の社会の責任もありそうだ。

地球環境が危機を迎えている今だからこそ、子供たちには、これまで不用ととされていたモノにも価値を見出す視点を大切にしてほしい。そこから未来を切り拓く新しいクリエイティビティも生まれるのではないだろうか。


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!