子育てに関わる住まいの困りごとは? 教育のプロに聞く「非認知能力を伸ばす」環境づくり

子育てに関わる住まいの困りごとは? 教育のプロに聞く「非認知能力を伸ばす」環境づくり
子供の才能や非認知能力を育てるのはどんな家? これからどんどん成長していくわが子が安心して過ごせる家、また「やりたい気持ち」や自主性を育てる住まいについて、教育のプロに解説してもらおう。

どんな能力を育てたい?
目的をはっきりさせよう

住まいを考える時、子供にとってベストな環境にしたいと考えるのが親心。しかし、「ベストな環境」とはどんな住まいだろうか。

「子供のために環境を整えたいと考えるなら、まずは子供のどんな能力を引き出したいのかをしっかり見極めるのが大切」と語るのは、教育研究家の中山芳一さん。もしもコミュニケーション能力を高めたいなら、親子の会話が活発になるような家具の配置を考え、集中力を高めたいなら寒色系のファブリックでまとめるなど、目的に合わせて住環境をデザインする必要がある。

「非認知能力を育てる」という視点で考えるなら、大切なのは「安心感」と「集中力が発揮できる環境」、そして「コミュニケーションのしやすさ」だろう。リビングを「非認知能力を育てる場」として考える場合、テーマごとにゾーニングするのもひとつの手だ。

例えば「コミュニケーション」スペースでは家族全員が参加できるゲームをセットしておいたり、「集中力」を育てる場として、デジタル機器をストップして本などのアナログコンテンツに集中できる場を整えたりと、テーマに合わせたコーナーを設定。さらに、各コーナーで過ごす時間をマネジメントすれば、だらだらとした時間も減り、目的に沿った環境をつくることができるはずだ。ゾーニングで何をする場かを明確にすれば、子供も自発的に次の行動へと取り組めるだろう。

「子供部屋はいつ用意すればいい?」という悩みもよく耳にするが、「小学校低学年までは個室は不要では」と中山さん。低学年の子供は学校の宿題もリビングダイニングで行うことが多いので、個室を急いで用意する必要はない。

「大切なのは、子供が静かな環境で集中したいのか、少し雑音がある方が集中できるタイプなのか、見極めてあげること」。高学年になる頃に、本人の希望も取り入れた子供部屋をつくればOK。「目的をはっきりさせて、子供の個性に合わせることが大切ですね」。

子供が安心できる住まいに
必要なのは?

 

●コミュニケーションが取りやすい空間
●安心感・居心地のよさ
●集中力が発揮できる環境

Q1 住まいの中で子育てに関わる困りごとは?(複数回答可)

リノベる。調べ(www.renoveru.jp)(※)

Q2 コロナ禍で在宅時間が増え、子育てするうえでどんな変化がありましたか?(複数回答可)

リノベる。調べ(www.renoveru.jp)(※)

※20~40代の東京、神奈川、埼玉、千葉にて、現在、小学生以下のお子さまと暮らし、住宅購入を検討中の方319名へのWebアンケート結果(2021年)。

教えてくれた人

中山芳一さん
岡山大学全学教育・学生支援機構准教授。専門は教育方法学。大学生のキャリア教育に取り組むと共に、各世代の子供が非認知能力やメタ能力を伸ばすことができるように尽力。著書多数。


文:藤城明子

FQ Kids VOL.08(2021年秋号)より転載

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!