規格外なおもしろさ!? 想像力を刺激する“リアル&ビッグ”な動物ジグソーパズル

規格外なおもしろさ!? 想像力を刺激する“リアル&ビッグ”な動物ジグソーパズル
おうち時間が増え、「ジグソーパズル」への注目が高まっているようだ。この冬は親子で、常識の「枠」をはみだした“想像力を刺激する”パズルにトライしてみては?

おうち時間増加で
ジグソーパズルに集まる注目

テレビやYouTubeの視聴、ゲームなどおうち時間を楽しむ方法は様々だが、せっかくなら「子供の発達に繋がることを」と考えるパパママは少なくないはず。

Googleトレンドの「人気度の動向」において、緊急事態宣言下の4、5月で「ジグソーパズル」の検索件数は昨年同時期の2.6倍増えたという。もともとジグソーパズルは集中力や記憶力の向上など、子供の発達に良いイメージもあり人気はあったが、コロナ禍で増えたおうち時間にパズルを取り入れようという人が増えているようだ。

そこで、現代っ子も飽きずに楽しめるパズルを探しているパパママに、ダッドウェイの『アニマルビッグパズル』をおすすめしたい。

「枠」がないからおもしろい!

この『アニマルビッグパズル』にはとにかく「枠」がない。これまでのジグソーパズルのイメージを覆す、3つの魅力を紹介しよう。

1、パズルの常識が通用しない

動物や恐竜の形がそのままパズルになっているため、四方の枠から進めていく従来のジグソーパズルのやり方は通用しない。観察力や想像力を要し、ピース数以上の難易度を感じる仕様になっている。

2、額に収まらないリアルさ

完成したパズルは、専用のりを使えばインパクトあふれるポスターになる。通常の四角い額には収まらない大きさとリアルさで、動物たちの迫力を存分に楽しむことができる。

3、想像を上回るおもしろさ

やりごたえは「大人が思わず夢中になってしまった」というレビューもあるほど。リアルさゆえ色味が似ているピースが、手分けして探すなど親子で協力して作り上げる過程のワクワク感や、完成後の充実感をもたらしてくれる。

お気に入りの動物をみつけよう

対象年齢は100ピースのキリン、ペンギン、シロクマが5歳から楽しめ、ティラノサウルス、トリケラトプス、マンモスは6歳以上から。550ピースのライオン、オオカミ、タイガー、パンダと最多700ピースのゾウは10歳以上からとなっている。11種類からお気に入りの動物を見つけよう。

コロナウイルスの流行で、家族で過ごす時間も変化している。想像力を刺激するアイテムで、親子の楽しい時間を埋めていくのはいかがだろう。

DATA

株式会社ダッドウェイ
アニマルビッグパズル


文:Larako

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!