和田明日香さんが「食育」を大事にする理由って? 子供たちのために大人がすべきこと[後編]

和田明日香さんが「食育」を大事にする理由って? 子供たちのために大人がすべきこと[後編]
料理家として多彩なレシピを考案・紹介するとともに、食育インストラクターとしても活躍する和田明日香さん。注目が高まる「食育」について、なぜ大切なのか? 和田さんの考えを詳しく伺いました。[連載第1回後編]

>>前編はコチラ

机に座って学ぶこと以上の
気づきや学びがある

給食がある学校では、献立に地元で採れた食材が取り入れられたり、季節のイベントがメニューに反映されたりすることを通じて、食への理解が深められています。

また、文化を紐解く入り口として食事について勉強することもあります。例えば、沖縄の食べ物には豚肉が多く使われていて、お菓子の「ちんすこう」ですらラード(豚の油)が使われているのですが。その理由を考えてみるところからいろいろなことが見えてきたりします。

うちの子供たちが通う学校のプログラムには面白いところがあって、例えば麦を種から育てて、育った麦を使って自分たちでパンをこねて作ったりするんです。国語や算数、理科や社会などの授業よりも、そういった実践的な学習を大事にする学校なんですよね。

でも、計量してグラムを合わせるのは算数だし、パン屋さんにインタビューしに行ってパン作りのコツを教わりメモを取ることは社会や国語だし、発酵の仕組みを学ぶことは理科でもあります。実は全部が詰まっているんです。

そこには、机に座って国語や算数の授業を受けることだけより、もっと能動的に知り得たいと思う学びがあるような気がします。しかもパンが完成したら食べられて、自分の身にもなる。もちろんそういった授業ばかりではないですが、食について考えることの中には、教科書とノートだけで残る以上の学びがあるということだと思います。

普段の食卓が
最高の食育の場に

私自身の経験としては、食べ物の好き嫌いなく育ててもらえたことはすごくよかったなと両親に感謝しています。多分それは、満遍なくいろいろなものが食卓に出てきて、経験としていろんなものを食べさせてくれたからです。

記憶としては、家での食事の時は両親が一緒に座り、その日の仕事の話なんかをしながら楽しそうにビールを飲んだりしてご飯を食べていたことをよく思い出します。そういう姿が私に「食卓=ホッとする場所」というイメージを持たせてくれました。

別に両親はただ一緒にご飯を食べていただけで、そんなに深くは考えていなかったと思いますが、そうやってご飯を食べる時間の大切さや愛おしさみたいなものを育ててくれたことにも、すごく感謝しているんです。

だから、「何を食べるか」もすごく大事ですが、食べる環境とか、どんな気持ちで食べるのかといったこともすべてが食育につながる話ですし、大事なことだと思っています。

PROFILE

和田明日香

料理愛好家・平野レミの次男と結婚後、修業を重ね、食育インストラクターの資格を取得。各メディアでのオリジナルレシピ紹介、企業へのレシピ提供など、料理家としての活動のほか、各地での講演会、コラム執筆、CM出演など、幅広く活動する。

» 和田明日香さんの連載一覧はこちら!


文:志村江

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!