子供によく聞かれて困る「性についての質問」覚えておきたい理想的な答え方はコレ!

子供によく聞かれて困る「性についての質問」覚えておきたい理想的な答え方はコレ!
性教育においては、子供がよく聞いてくるけれど、親が答えに窮する質問もあるはず。そこで、思春期保健相談士の中谷さんが、代表的な答えにくい質問をピックアップ。Q&Aの形で紹介する。

>>関連記事【幼児期に始めたい「ポジティブ性教育」って? 専門家に聞く、まずおさえるべき大前提】

覚えておきたい、親子のQ&A

Q.赤ちゃんはどうやってできるの?
<答え方の例>
まずは「命の元と命の元が出会ったらできるんだよ」と短くひと言でOK。「命の元って何?」とか、「どこにあるの?」などとさらに質問されたら、「命の元は、女の人と男の人の身体に1個ずつあるよ」など、段階を踏んでひと言ずつ答えていこう。

Q.赤ちゃんはどこから生まれてくるの?
<答え方の例>
「大きく2つあるんだよ。1つはおまたで、男の人はおしっことうんちの出口しかないけど、女の人はその間に赤ちゃんの通り道があって、そこから出てくるんだよ。そこから出るのが苦しい場合、赤ちゃんとお母さんの命が危ないとなった時は、お腹からお医者さんに取り出してもらうよ」。

Q.〇〇って何?
<答え方の例>
「セックスって何?」「レイプって何?」などの質問をされた時は、肯定的に受け止めた後で、「どこで知ったの?」と状況を確認しよう。状況によって少しずつ答え方は変わるからだ。その上で、「子供が欲しい時や仲良くしたい時に、身体をくっつけることだよ」「無理やりくっつかれることだよ」など、子供が分かる言葉で答えよう。

Q.なんで私はおちんちんがないの?
(なんでママと僕の身体は違うの?)

<答え方の例>
身体の違いに対する質問には、「男の人と女の人では身体のつくりが違うんだよ」と答えよう。「同じ男の人でも女の人でも、大きくなると身体は変わっていくんだよ。でも似たところもあるし、男の人と女の人だけじゃなく、身体ってみんな違うんだよ」と多様性についても一緒に伝えられるとなお望ましい。

Q.ママなんで
おまたから血が出ているの?

<答え方の例>
幼児期であれば、「病気やケガじゃないんだよ。女の人が大人になったら月に1回くらいおまたから血が出てくることがあるんだよ」と答えよう。児童期であれば、「女の人は赤ちゃんをお腹の中で育てるために、お腹の中で血をためてベッドを作って、それが使われなかったら出てくるんだよ」と伝えてもいい。

Q.(ラブシーンを見て)
この人たち何をしているの?

<答え方の例>
ラブシーンと言ってもいろんな場面がある。お互いが愛し合って幸せな感じであれば、「この人たちは愛し合っているんだよ。もっと触れていたいと思った時に大人はこんな風に伝えるんだよ」などの言葉を。暴力的なシーンであれば、「無理やりこんなことされたら、された方は嫌だよね」など、シーンに合わせて伝えよう。無言でチャンネルを変えるのはNG!

Q.なんで男の人が化粧しているの?
<答え方の例>
「スカートとかお化粧とか、好きなものやこういう風になりたいっていうのは人によって違うんだよ。男の人だから・女の人だからこうでなきゃいけないっていうのはないんだよ。好きな服装や見た目は人それぞれだよね」。

教えてくれた人

中谷奈央子(にじいろ)さん

思春期保健相談士/性教育講師。小学校、高校の養護教諭を経験し、退職後、フリーランスとして活動。子供から大人までを対象に、講演活動、相談活動を行っている。また、性教育サイト「命育」(meiiku.com)の「お悩みQ&A」監修も担当。2児の母。


監修:中谷奈央子
文:笹間聖子

FQKids VOL.11(2022年夏号)より転載

#タグ一覧
#性教育

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉谷崎テトラの「未来の地球人育て」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」
<特集>今からやっておきたい ワクワク進級・入学準備
<特集>休日や春休みどこにいく? 親子でお出かけ
<特集>非認知能力を伸ばす習い事

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!