【2021年度】幼少期の子供に習わせたい「習い事」のベスト5はコレだ!

【2021年度】幼少期の子供に習わせたい「習い事」のベスト5はコレだ!
子育て中の家庭に聞いた「子供に習わせたい習い事は?」というアンケート結果によると、親自身はちょっと苦手だけど「これからの時代、これは絶対必須でしょ!」という習い事への人気が集中した。

子供の習い事の第1位は、英会話!
約7割が英会話を習わせたいと回答

FQKids編集部では、0歳から9歳までの子供を持つ親に、「子供に習わせたい習い事」についてのアンケートを実施した。1つ目の「子供に習い事をさせていますか?」の質問では、80%の親が「はい」と回答。8割が子供に習い事をさせているという結果となった。

次に、「何を習っていますか?」という質問においては、
第1位 英会話  (37.3%)
第2位 スイミング(35.8%)
第3位 音楽   (32.8%)

さらに深掘りし、まだ習い事をさせていない家庭に対し、今後「どのような習い事をさせたいですか?」という質問への答えが以下となった。
第1位 英会話  (64.7%)
第2位 スイミング(58.8%)
第3位 スポーツ (35.3%)
    ダンス  (35.3%)
第5位 音楽   (29.4%)

なぜ英会話がこれほど人気が高いのだろう。書込み式の回答の中から、特に多かった理由をいくつか紹介しよう。

「これから生きていくのに英語が話せないと大変だと思うから」
「すでに社会的に必須だと思う」
「英語ができると可能性が広がる」
「言葉をどんどん覚えている2歳の娘に習わせたい」
「自分が全くできないから。今は特に不便はないけれど、自分の時代と子の時代は違うから」

以上のように、多くの親が「これからの時代は英語が必須!」と考えており、87.1%の親が「将来、子供がビジネスで通用するほどの英会話ができるようになってほしい」と回答している。

その一方で、「自分はビジネスで通用するほどの英会話ができる」と答えた親はわずか10.6%。約9割の親はビジネスで通用するレベルの英会話ができていないという切ない現実があることがわかった。

では、英会話スクールに通うなら、何を重視して教室を決めるのだろうか。アンケート回答のベスト5が次の結果である。

第1位「家から近い」(58.3%)
第2位「先生がネイティブ」(57.1%)
第3位「教材がしっかりしている」(48.1%)
第4位「安い」(39.3%)
第5位「通わなくてもオンラインでできる」(31%)

この結果からわかるように、コスパや質の高さを重視する以上に、家から近い「通いやすさ」を決定する上での第1条件にしていることがわかった。また、かつては見られなかった5位のオンラインで「自宅でできる」は、コロナ禍のニューノーマル時代において、すでにオンラインは必須条件になりつつあることがわかった。

2020年末に日本に上陸したアメリカの
シリコンバレー発オンラインNovakid

「オンラインでの習い事についてはどのように思われますか?」という質問に対し、「すでにやっている」と「賛成」を合わせると、6割~7割の人がオンラインの習い事に賛成している。

理由は、「自宅でできる」「家の近くにいいと思える教室がない」「コロナウイルス感染のリスクが大きいため、オンラインだと助かる」「下に小さい子供がいて送り迎えが大変だから」「これからはビジネスもテレワークになり、習い事もオンラインでできるものが良い」「親も学習スタイルを見守ることができる」など。

それもそのはず、世界のオンライン言語学習市場規模は2019年の59億2,390万ドル(約6,200億円)で、年平均成長率が13.18%で推移すると予測されている。問題は、オンライン英会話市場がこれほど急速に拡大している中、「どのオンラインレッスンを選ぶか?」ということ。

そんな中、教育熱心な親たちの間で「待ちに待ったオンライン英会話が日本上陸!」と2020年末に騒がれたプラットフォームがある。それが『Novakid』だ。

» 無料体験レッスンはこちら!«

 

『Novakid』は、2017年に米国で創業され、世界30か国以上、2万人以上の生徒を世界中に持つ学習プラットフォーム。一流のプロ講師からのレッスンを、自宅で、1回800円から受けられる。

開発したのは、英語教育方法論のプロの研究者チーム。世界中でこれほど人気が高い理由は、他にはないカリキュラムのレベルの高さ。子供1人ひとりの心理的な側面から、その子の英語習得効果がより高まるように考え抜かれている。

ここで『Novakid』について、少し詳しく紹介しよう。対象生徒は、英語が母国語ではない4歳から12歳までの子供。学習プラットフォームとして、これまでのオンライン英会話教室にはない革新が以下の7つ。

『Novakid』の革新的ポイント7
①講師は650人以上の経験豊富なプロフェショナル
CELTA、TEFL、TESOL、TKTなどの国際教師資格や英語資格等を取得し、2年以上の英語教育経験がある
②インタラクティブなゲーム形式の教材&ライブの個人指導セッション
③360度バーチャルツアー
④ゲーム形式の授業や宿題
⑤言語習得理論に基づくカリキュラムのパーソナライズ 
1人ひとりの子供に合った学習内容の提供
⑥AI支援によるデータ抽出・分析を重視
⑦アプリで子供の成果を管理
レッスン後に個人アカウントで先生のフィードバックやレッスン様子の動画を確認できる

申し込みキャンペーン開催中!
今なら2つの特典プレゼント

『Novakid』では現在、嬉しいお申し込みキャンペーンを実施中。3月中に体験レッスン(無料)を申し込みのうえ受講すると、抽選で1ヶ月無料チケット(4回分)または、Amazonギフト券1,000円分がプレゼントされる!

条件は、無料体験を申し込む際「お友達コード」に「FQKids」と入力するだけ!期間は3月末までだから、迷っているならまずは一度、無料体験レッスンを受けてみてはどうだろう。

» 無料体験レッスンはこちら!«

 

DATA

アンケート:小学生までのお子さまのいる85世帯を対象にした、自社インターネット調査(2021年1月実施)

Novakid公式サイト
» 無料体験レッスンはこちら

〈サービス概要〉
名称:Novakid
公式HP:https://jp.novakidschool.com
料金:1回あたり756円から
授業時間:1レッスン25分
プラン:サブスクリプション型の月謝コースと、複数のレッスン単位で受講する自由コースがある。また、ネイティブレベルの先生とのレッスン(スタンダード)と、英語を母国語とする先生とのレッスン(プレミアム)によって料金は異なる。
詳細:https://jp.novakidschool.com/#prices


文:脇谷美佳子

Sponsored by Novakid

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!