【10分で完成】休校中のおうち遊びに最適! 子供と一緒に楽しむ「手作りおもちゃ」

【10分で完成】休校中のおうち遊びに最適! 子供と一緒に楽しむ「手作りおもちゃ」
特別な工具を使用せず、想像力を働かせて楽しみながら作る手作りおもちゃ。外へ出かけなくても家の中で楽しめる「おもちゃレシピ」を2つ紹介しよう。

指先のコントロールを鍛える
『スマートボール』

空き箱を利用して作れるのは、発射台からビー玉をはじいて遊ぶ「スマートボール」。力任せに玉をはじいても思い通りにはいかないので、指の力加減や台の角度を調整するなど、工夫が必要なゲームだ。好きな位置に得点を設定したり、風車をつけたりして、自分好みにカスタマイズして楽しめるのが魅力。

<材料>
そうめんの木箱などの空き箱、豆ピンやクギ、割り箸、消しゴム、厚紙、輪ゴム2個、クギ2本、ビー玉

<使うもの>
ビニールテープ、両面テープ、はさみ

作り方

①.割り箸2膳にビニールテープを巻き付け、太い木の棒にする。

②.輪ゴム2本を結んでつなげたら、消しゴム2つの間に挟む。

③.輪ゴムを挟んだ消しゴムに、ビニールテープを巻き、中の輪ゴムがはずれないようにする。

④.①を両面テープで木箱に固定。真ん中辺りにクギなどで③の輪ゴムを固定したら、発射台の完成。

⑤.ストローを何本か適当な長さに切り、両面テープで貼り付けていく。これがゴールの部分になる。

⑥.豆ピンやクギを、ビー玉が通れる間隔を空けながら、適当なところに刺していく。

⑦.厚紙を丸く曲げて、木箱の上の部分に弧を描くように、ビニールテープで貼り付ける。

完成!

↓作り方を動画でチェック!

想像力が膨らむ!
『おままごとの野菜』

カプセルの空き容器と磁石を利用した、包丁で切れる「おままごとの野菜」の提案。「誰と食べるか」を設定して、親子で演じることで、食事への関心や興味が膨らんでいく。見た目がツヤツヤの野菜(トマトやカブなど)は外側をビニールテープ、ザラザラの野菜(じゃがいもなど)はフェルトで表現すると、より一層リアリティが増してオススメ。

<材料>

空きカプセル、紙粘土、ネオジウム磁石、ビニールテープ、フェルト

<使うもの>
ビニールテープ、両面テープ、木工用ボンド、はさみ

作り方

①.カプセルの空き容器に、紙粘土を詰めていく。

②.紙粘土の真ん中に、磁石を押し込む。

③.磁石を隠すように、ビニールテープを巻く。

④.周りにもビニールテープを巻いて、トマトの色味にしていく。

⑤.緑色のフェルトを星型に切り、トマトにヘタに見立てて、両面テープで貼り付ける。

完成!

↓作り方を動画でチェック!

少しの工夫で、こんなに本格的なおもちゃを手作りできる。親子で楽しく取り組みながら、子供の想像力を育んでみてはいかがだろうか。

初めての工作におすすめ!
「ストロー竹とんぼ」の作り方こちら


写真:松尾夏樹(大川直人写真事務所)
文:木村悦子
モデル:KOKO&RIKU

FQ JAPAN VOL.51より転載

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!