動画やゲームのルール、効果的に守らせるならコレやって! 「子供の性格別声かけ」法

動画やゲームのルール、効果的に守らせるならコレやって! 「子供の性格別声かけ」法
デジタルメディアのルールを子供に守らせるのはなかなか難しい。子供の性格タイプを大きく4つに分けて、それぞれに合った形での見守り方、日常で想像しやすい言葉での声かけ方法について、専門家の七海先生に伺った。

>>関連記事【子供とデジタルメディアのほど良い関係とは? 付き合い方次第で大きなメリットも!】

ルールをどう守らせたらいい?
【タイプ別】見守り&声かけ方法

type1.
やさしいのんびり屋タイプ

一緒に楽しんで共感しよう!

おだやかでおっとりした性格のタイプは、親子一緒にデジタルメディアを楽しむことを心がけよう。「これいいね」「かわいいね」と共感すると、喜んで自分からいろいろ話してくれるだろう。

すると、将来的にトラブルに巻き込まれにくく、一緒にメディアへの理解を深めることができることが多い。「ルールも一緒に作り、一緒に守っていく」という感覚で見守るのがおすすめだ。

type2.
知的な優等生タイプ

根拠を示して論理的に説明しよう!

何事も理由を探求するのを好むこのタイプの子供には、明確な根拠を示し、「どうしてそういったルールが必要なのか」を論理的に説明することが重要だ。疑問があるならきちんと聞いて、とことん相手が納得するまで話し合おう。

自分が納得すれば、ルールをきちんと守れるはず。ちなみにこういった説明をするのは、パパの方が得意な場合が多いかもしれない。

type3.
好奇心旺盛なアクティブタイプ

主体的に取り組める環境を作ろう!

初めてのことに果敢にチャレンジし、その中で新しく楽しいことを見出していくのが得意なこちらのタイプ。だからルールに関しても、「こうしたらいいんじゃない」という提案を、子供が自分から言えるように親がリードするのがおすすめだ。

子供をルール作りやルールの改訂に巻き込んで、主体的に取り組める環境作りを意識してみよう。

type4.
頑固なこだわり派タイプ

気分の切り換え方を教えよう!

動画やゲームに夢中になって、止めるのが難しいのがこのタイプ。そこは安易に否定せず意志を尊重しつつ、うまく気分を切り換える方法を教えることが必要だ。

子供が夢中になる対象は1つではないので、「何時になったら別のことをする」などとあらかじめスケジュールを組んでおき、それに沿って行動できたら褒めるのも有効な方法の1つ。

教えてくれた人

七海 陽さん

相模女子大学 子ども教育学科 准教授。PCメーカー勤務を経てフリーランスに。デジタルメディアと子供の育ち・発達を領域として調査 研究・執筆・講演活動を行う。現在は相模女子大学の准教授として教鞭をとる傍ら、教育番組などにも出演。専門は児童文化学、子供メディア論、メディアリテラシー教育など。著書に『佐藤家のデジタル生活 子どもたちはどうなるの?』(草土文化)。

>>関連記事【専門家が直伝! 子供に「動画やゲームの最適なルール」を作る&守らせるための大原則】


監修:七海陽
文:笹間聖子

FQKids VOL.12(2022年秋号)より転載

#タグ一覧
#しつけ

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉谷崎テトラの「未来の地球人育て」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」
<特集>今からやっておきたい ワクワク進級・入学準備
<特集>休日や春休みどこにいく? 親子でお出かけ
<特集>非認知能力を伸ばす習い事

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!