専門家が直伝! 子供に「動画やゲームの最適なルール」を作る&守らせるための大原則

専門家が直伝! 子供に「動画やゲームの最適なルール」を作る&守らせるための大原則
メリット・デメリット両方を持つデジタルメディアだが、子供の心身の健やかな成長やトラブル防止のためにはルールが必要だ。子供がデジタルメディアに触れるうえで「各家庭で作っておきたいルール」の考え方を解説する。

>>関連記事【子供とデジタルメディアのほど良い関係とは? 付き合い方次第で大きなメリットも!】

最初は厳しく制限し
成長に合わせて徐々に解除を

デジタルメディアのルールは、子供の性格や各家庭の教育方針によって違っていい。大切なのは、その場その場で突発的に決めるのではなく、「子供がトラブルに遭わず、自立してデジタルメディアを使いこなす」というゴールを設定すること。

そこから逆算して「では今はどうするべきか」を考え、長期的な計画を話し合うことだ。だから当然最初は、厳しく制限した状態になる。そして発達に合わせて、「小学生ではここまでOKにしよう」などと、徐々に制限を解除していくのだ。

例えば、デジタルメディアに触れるシチュエーションで考えれば、「必ず保護者と一緒に行う」「保護者のいる部屋で1人で行う」「一定時間は自分の部屋で行ってOK」など。動画やゲームに触れられる範囲も、子供用制限モード、年齢別のフィルタリング機能などを活用すれば、徐々に制限を解除していくことができる。

ちなみにゲームに関しては、『Nintendo Switch』では「VRモード」のゲームを7歳以上に規制するなど、年齢制限や目安が決められているので注意が必要だ。

また使用時間については、WHO(世界保健機関)が『1歳未満では視聴を推奨しない。2~4歳では1日1時間以内』というガイドラインを出している他、下表のように、各国の健康機関が規制を発表しているので、ルール作りの参考にしよう。

もちろんルールは、一度決めたらそれで終わりではなく、徐々にアップデートが必要なもの。子供1人ひとりの発達や状況に合わせ、節目節目で見直してほしい。

各国のデジタルメディアに関する規制勧告

※出典『デジタル時代に向けた幼児教育・保育』(明石書店)/Gottschalk,F.(2019)“, Impacts of technology use on children:Exploring literature on the brain, cognition and
well-being”,OECD Education Working Papers,No.195,OECD Publishing, Paris, https://doi.org/10.1787/8296464e-en.

育みポイント

ルールは家族で可視化して
声をかけ合える環境に!

完成したルールは可視化し、家族で共有するのが望ましい。そうすれば、子供の側も大人のスマホの使い過ぎを注意するなど、「お互いに声をかけるのが当たり前」な環境が作れるからだ。そうしておけば何らかのトラブルが起こった時も、親がすぐに把握し、最小限の被害に抑えることができる。また将来、テクノロジーの進行で親が理解できない内容も生じるかも知れない。その際も子供に教えを請い、家族というチームで学ぶことができる。

教えてくれた人

七海 陽さん

相模女子大学 子ども教育学科 准教授。PCメーカー勤務を経てフリーランスに。デジタルメディアと子供の育ち・発達を領域として調査 研究・執筆・講演活動を行う。現在は相模女子大学の准教授として教鞭をとる傍ら、教育番組などにも出演。専門は児童文化学、子供メディア論、メディアリテラシー教育など。著書に『佐藤家のデジタル生活 子どもたちはどうなるの?』(草土文化)。


監修:七海陽
文:笹間聖子

FQKids VOL.12(2022年秋号)より転載

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉谷崎テトラの「未来の地球人育て」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」
<特集>今からやっておきたい ワクワク進級・入学準備
<特集>休日や春休みどこにいく? 親子でお出かけ
<特集>非認知能力を伸ばす習い事

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!