卵かけごはんから餃子まで!? お料理はじめにオススメの「子供向けレシピ本」って?

卵かけごはんから餃子まで!? お料理はじめにオススメの「子供向けレシピ本」って?
ひとり立ちするまでに、わが子には自分の食事くらいは自分で作れるようになってほしい。まったく料理をしたことがない子供向けに、卵かけごはんから始めて、餃子やグラタンが作れるようになる料理本が出版された。

子供が自分で料理する日も
夢じゃない?

長い長い夏休み。給食のありがたさを痛感しているパパママは多いはずだ。毎日毎食のメニューを考えるのも大変。いっそのこと、子供が作りたい物を決めてくれて、子供中心に料理してくれたら、とも思ってしまうだろう。

それは夢の話ではない。明日からでもわが子をキッチンに立たせられる、子供向け料理ブックが発売された。もちろんすぐに本格的なメニューは無理だが、着実に腕を上げていく姿に、成長を確かめられるだろう。

初めての料理でも安心!
子供目線の一冊

株式会社ワン・パブリッシングから7月に発売されたのが『はじめての料理マスターブック』だ。子供が1人でも料理が作れるようになることを目指している。

定価¥1,540(税込)

最初は火や包丁を使わずに「手でちぎる、のせる、はさむ、まぜる」だけでできるものから、段階的にステップアップしていく構成。「フライパン1つでできるレシピ」「包丁を使うレシピ」と身につけていき、最終的には複雑で本格的な一品が作れるようになる。

手でちぎる、のせる、はさむ、まぜる料理では、「卵かけごはん」「ツナマヨパン」「梅おかかおにぎり」といったレシピを紹介。これらなら少しくらい失敗しても、パパママがフォローしてあげれば食材をムダにすることはないだろう。

「フライパン1つでできるレシピ」の例は「かにたま風卵炒め」。「包丁と火を使って」なら「照り焼きチキン」。これらならもう立派なメインのおかずだ。さらには「餃子」「鮭のマカロニグラタン」といった手の込んだものも。

すべてのレシピがふりがな付きで、視覚的にわかるように材料、道具、工程、完成品の写真が掲載されている。見開きで1レシピが完結しているので、キッチンに開いて確認しながら調理を進められるのも便利だ。

子供に料理をさせるのに気がかりなのは火の扱いなど安全面だが、工程ごとに火加減をアイコンで表示したり、「やけどに注意」と注意書きがあったりと配慮されている。「こげやすいから注意」など、子供の失敗体験につながらないための注意書きもあるのが嬉しい。

自分でできた自信は一生モノ

何をどれくらい任せたらいいのか、親が子供に一から教えてあげるとなると、余計な私情も挟み、なかなか難しいもの。この先、わが子は無限の課題に突き当たり、その都度自分で考え、調べて解決していかなければならない。その助走として料理という素材はなかなか素敵ではないだろうか。

わが子が腕をふるった料理を食べる時は、少しオーバーなくらい「美味しい」と言ってあげよう。成功体験と自信は一生モノの心の栄養だ。

〈書籍概要〉
はじめての料理マスターブック
・著者:野口真紀
・定価:¥1,540(税込)
・発売日:2022年7月14日(木)
・判型:B5
・購入:Amazon、楽天、セブンネット


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!