英会話・食育・アートで特別な夏を体験! 都内老舗ホテルの「子供向け企画」がスゴい

英会話・食育・アートで特別な夏を体験! 都内老舗ホテルの「子供向け企画」がスゴい
遠出をしなくても思い出と発見につながる夏のお出かけは可能だ。都心のホテルで、子供向けに企画されたホテルならではの催しがスタートする。歴史的建築にも触れ、パパ・ママのリフレッシュにもなるはずだ。

子供とのお出かけ
選択肢に都心の一泊も

この夏、子供にたくさんの思い出を残してあげたい。久しぶりにお出かけムードが高まる夏だ。アウトドアや観光、行きたいところはたくさんあるが、子供の興味や学びにつながる体験をと、ホテル業界でもいろいろなプランが企てられている。

今回紹介するのは、歴史や美術に強みを持つ都内のホテルが、子供の学びを意識して用意しているプログラムだ。一泊の体験でわが子が大きな発見をし、これからの人生につながる可能性をつかむかもしれない。

ホテルならではの体験プログラム

東京都目黒区にある「ホテル雅叙園東京」は、敷地内のオフィスビルをはじめ、ビジネスのダイナミズムに隣接した非日常空間に90年以上の伝統を受け継ぎ、2,500点もの日本画や美術工芸品に彩られたミュージアムホテルだ。

そのホテル雅叙園東京が8月から展開するのが「サマーエクスペリエンス2022」。職業体験、食育体験、芸術体験ができる3つの子供向けプログラムだ。

まず、「キッズホテリエ体験」は、文字通り子供がホテリエを体験できるというもの。キッズサイズのユニフォームが貸し出され、ホテル英会話のレッスンを受ける。そしてネームバッジをつけてベルスタッフに挑戦。パパ・ママを出迎えてくれるわが子の姿に胸が熱くなりそうだ。人に喜んでもらえるよう振る舞う心に目覚めるだろう。

土日祝除く2022年8月1日(月)~8月31日(水)に宿泊および5日前までにプログラム予約した親子、1日3名限定。

 
見て触れて学ぶ~食体験~」では、ホテル内のレストラン New American Grill “KANADE TERRACE”で、旬の魚の種類や栄養などをクイズを取り入れたワークショップで学べる。講師を務めるのは管理栄養士だ。レクチャーのあとは学んだ魚をメニューに取り入れたランチコースを親子で味わえる。食を通してつながる命について親子で話すきっかけにしてみよう。8月8日(月)、9日(火)の2日間限定開催。料金は8800円(大人・子供共通/税込・サ別)。

そして、東京都指定有形文化財「百段階段」を擁するホテルならではの催しが、毎年大好評を博している「和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~」。

一般:¥1,500(税込)、学生 :¥800(要学生証呈示)(税込)、未就学児:無料。

 
昭和初期に建てられた、日本の建築美の粋とされる木造建築を舞台に、光と闇が繰り広げるスペクタクル。放置竹林を再利用したサステナブルな竹あかりの展示もある。竹林の放置は近年問題になっており、環境について考えるきっかけにできそうだ。開催期間は7月2日(土)~9月25日(日)まで。

成長力を実感できる夏休みに

子供が学校や幼稚園・保育園から少し離れて、新たな学びに触れる格好の機会が夏休み。パパ・ママにとってもゆっくりわが子と過ごす時間を持ち、その成長を実感するチャンスだ。

いろいろな体験を親子で共にする中で、わが子に予想以上に自主性や知識欲、感性が育っていることに驚くシーンもあるだろう。子供の成長力をだんだん信頼できるようになること、それは親自身の成長でもあるのだ。


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!