入学式におすすめ! “着回しも性別も自由”なファミリアの新フォーマルが最強なワケ

入学式におすすめ! “着回しも性別も自由”なファミリアの新フォーマルが最強なワケ
子供のフォーマル服にはある程度定番があったが、サステナビリティやジェンダーレスといった時代の流れを受け、トレンドにも変化の兆しがある。おしゃれでポスト・フォーマルな新ラインを紹介しよう。

1回しか着れないフォーマル服は
もう時代遅れ

間もなく入園・入学式シーズン到来。わが子の記念すべき日はとっておきのオシャレをして思い出に残したいもの。でも、せっかく用意したフォーマル服は、着る機会が無いままあっと言う間にサイズアウト……というのが成長期の子供あるあるだ。

そんなジレンマを解消してくれる“自由に楽しめる”フォーマル服が、人気子供服ブランド・ファミリアから登場した。数回着ておしまいでも仕方ない、というのは時代遅れ。これから長い人生を歩んでいくわが子にこそ、未来を感じさせるファッションがピッタリだ。

性別もシーンも自由に着こなし

株式会社ファミリアが今シーズン販売を開始したのが『Next Formal Collection』。ジェンダーやシーンに縛られず「もっと自由にフォーマルウェアを楽しんでほしい」という想いから企画された。

ラインナップはシャツ、Tシャツ(半袖)、カーディガン(長袖)、ジャケット、ノーカラージャケット、パンツ(3分丈)、ロングパンツ、ハイソックス、蝶ネクタイの9点。

モノトーンできちんと感のあるデザインは、フォーマルシーンにマッチする。シャツ裾のパイピングは、ジャケットからのぞかせてもドレッシーな雰囲気を演出してくれるだろう。パンツはウエストゴムでリラックスでき、固い場面での緊張を和らげてくれる。

写真左:シャツ(長袖) ¥17,600(税込)~、サイズ 100~130㎝
写真右:ロングパンツ ¥18,700(税込)~、サイズ 100~130㎝

 
そして、新コレクションの大きな特徴は2つ。ジェンダーの横断、そしてフォーマルとカジュアルの横断だ。

『Next Formal Collection』にはボーイズ/ガールズの区別はない。服に限らず、「男の子らしさ/女の子らしさ」から自由であろうというのが時代の流れだ。それは差別を解消し、個人の可能性を開花させるという点で望ましいことだ。

フォーマルとカジュアルの垣根を取り払うことにも同様の意味があるだろう。TPOをふまえつつ自分らしく、というのが子供服にとどまらず、これからのファッションのトレンドになっていくはずだ。

ジャケットの下を、コレクション内のボーダーTシャツに替えればぐっとカジュアルダウン。もちろん手持ちのトップスやボトムスと組み合わせてもいい。シンプルなデザインなので、色々なアイテムとコーディネートできる。組み合わせを楽しむうちに、わが子のファッションセンスもどんどん育ちそうだ。

自分らしさを選び取る感性を!

かつての当たり前が当たり前ではなくなっている昨今。ランドセルをはじめ、子供の選択もジェンダーレスに多様化している。シーンにこだわらず、おうちパーティーで思い切りおめかしをしても楽しいだろう。

ファッションもライフスタイルも、これだ、と思うものを自分で選び取る感性がこれからますます重要になる。卒園・入学式をその第一歩に。わが子らしいスタイルで臨む記念日は、より特別な思い出として記憶に刻まれるはずだ。


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!