本当に遊び感覚で学ぶ意欲が育つの? 話題の「STEAM教育」教材を体験してみた!

本当に遊び感覚で学ぶ意欲が育つの? 話題の「STEAM教育」教材を体験してみた!
『ワンダーボックス』は毎月届くアプリとキットを組み合わせた教育プログラム。子供たちは「お勉強」と意識せずに、遊びのような感覚で取り組み、学ぶ意欲が刺激される。実際に教材を使ってみた2組のファミリーに子供たちの反応などを聞いてみた。
<目次>
1.STEAM教育の通信教材『ワンダーボックス』って?
2.子供が楽しんで挑戦できる教材のヒミツ
3. 体験レポート①
4. 体験レポート②
5. お得な申し込み情報も!

 

考えることを楽しむうちに
遊ぶように学ぶ子になる

子供の頃、毎月の通信教材が終わらず、困った経験はないだろうか? 『ワンダーボックス』は「やらされ感」なく没頭できて、子供が自らやりたいと始め、次から次へ止まらなくなる面白さ。保護者からも「自分の子供の頃にこんな教材がほしかった」との声が多い。

内容は科学、技術、工学、アート、数学のSTEAM教育の要素が詰まっていて、子供は自分が好きなものを選んで挑戦できる。ひと月でやるには多めだが、全部やる必要はなく、好きなものを見つけてのめり込めるプログラムになっている。人にやらされる感覚ではなく自ら取り組む中で、感じて、考えて、手を動かして、今後の学力にもつながる思考力や学ぶ意欲が育つのがうれしい。

 

子供が「面白い!」と
認めたものだけを教材化!

月に2回、子供たちを集めて開発途中の教材を使ってもらう研究授業を開催。子供たちの反応や様子を見て内容を改善し、本当に楽しんで挑戦できるものだけを教材化している。

子供の「3つのC」を引き出す

算数オリンピック問題制作チームが、子供の「地頭」を刺激する問題を制作。思考力を育て、五感を使うトイ教材は、創造力を伸ばす。毎月10種類以上のバラエティー豊かな教材が子供たちの意欲や関心を育て、もっと考えたいという挑戦につながり、学びへの原動力を生む。

意欲/Curiosity
できない・わからないをおもしろいに変える
創造力/Creativity
こだわりをたっぷりこめてアタマと手を動かせる
思考力/Critical thinking
「? → !」の繰り返しを楽しめるようになる

教材はデジタルとアナログの
ハイブリット

アプリ

デジタル教材は毎月種類が変わるだけでなく月内でも更新され、子供たちを飽きさせない。自宅にあるタブレットやスマートフォンにアプリをダウンロードするだけで学べるのもメリット。


キット

シンプルな素材で深く試行錯誤できる「トイ教材」と問題を解く・作る楽しさを味わえるワークブックなど、五感を使って発想力を引き出します。アプリと䛾連携も楽しい。

体験しました!
case01 上野さんファミリー

啓輔さん、綾さん、凱路(かいる)くん(7歳)、叶路(かのる)くん(5歳)、焰路(ほのる)くん(生後7ヶ月)

届いたボックスを開けると謎解きが! さっそく2人で協力して解いていた。

凱路くんは「トイ教材」に夢中。大小のギアをどう組みあわせたらうまく回せるか試行錯誤中。

学校や幼稚園から帰ってきたら子供たちが自ら「やりたい」と始める。「できた」という達成感を感じられることもやる気に繋がる。

同じテーマをレベルアップでき徐々に力をつけられる。好きなアプリを選べるので飽きない。

体験レポート


国語や算数など教科別の教材は学校の延長みたいでやる気が出ない様子ですが、『ワンダーボックス』は自ら「やりたい」とやっています。いつもYouTubeを見るのに使うタブレットでできるから遊び感覚で、楽しんでやっているうちに、気づいたら進んでいる感じなのがいいですね。

 

体験しました!
case02 榎原さんファミリー

龍一さん、由佳さん、千紗ちゃん(7歳)、絵菜ちゃん(4歳)

アプリはそれぞれ個別のアカウントがあり、キットは一緒に取り組めるのもいい。

やりはじめたら止まらない面白さ。「次はどれをやろうかな」とわくわくが止まらない様子。

絵を描くのが苦手でも、ステップを踏んで挑戦できるから楽しめる。みんなの作品が見られるのも刺激になるみたい。

ワークブックは、年齢別に難易度が異なり、最後は自分で問題作成にもチャレンジできる!

トイ教材はシンプルな素材でありながら、試行錯誤しやすいように工夫されているから夢中になる。

体験レポート


普段はすぐに飽きるのに集中して取り組んでいて、プログラミングのアプリにもハマっていました。学校でも授業が始まりますが、『ワンダーボックス』をやっておくとスムーズに取り組めそうです。学校の授業などにも「やってみる!」と、苦手意識がなくなってきたのがうれしいです。

 

DATA

「あそぶようにまなぶ子になる。」
ワンダーボックス

お得な申し込み情報も随時更新中!
>>詳しくはコチラ
 

第14回ペアレンティングアワード受賞

育児雑誌が選ぶその年に話題となった「ヒト」「モノ」「コト」を表彰する『ペアレンティングアワード』。第14回となる2021年度では、同社の『WonderBox(ワンダーボックス)』が評価され「モノ」部門を受賞した。

問い合わせ

ワンダーラボ
MAIL:info@box.wonderlabedu.com


文:江頭恵子
写真:渡邊眞朗

FQ JAPAN BABY&KIDS vol.59(2021-22年冬号)より転載

Sponsored by ワンダーラボ株式会社

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!