子供の夏休みにトライしたい! リアルすぎる「お仕事体験イベント」が開催

子供の夏休みにトライしたい! リアルすぎる「お仕事体験イベント」が開催
アメリカの子供たちが夏休みに行うレモネード販売を、日本でも体験できるイベントが表参道のカフェで開催される。リアルビジネスとして、プロによるレクチャーのもと成功体験を積むことで、子供の自信や自立心、社会参加の意識を高めることができる。

日本の子供たちも
レモネードの販売に挑戦!

株式会社バリューズフュージョンは、子どものビジネス体験イベント「いいね!レモネード」を定期的に開催している。小学生がレモネード販売を通じて「ビジネスの第一歩」を体験する教育プログラムで、社会の仕組みを学んだり、ビジネスへの興味・関心を持つための体験型キャリア教育の一環だ。

7月1日からは「いいね!スタンド表参道」としてリニューアルし、土・日・祭日を中心に、事前申し込み予約にて1日3部制で実施する。

今後の新型コロナ感染の状況および政府、都の方針を踏まえながら、最大限の予防措置を取って開催。看護師の資格を持つスタッフを常駐させるなど、万全の対策を講じて行われるので安心して参加できる。

いいね!レモネードの特徴

「いいね!レモネード」は、アメリカの一般家庭の子供たちが行うレモネードスタンドの風習がベースとなっている。社会参加を促し、自立性を高めることを目的として、子供たちに夏休みにレモネードの販売を経験させるのだ。その風習をベースにして、原価、売値、利益の説明から接客ノウハウやPDCAサイクルに至るまで、小学生がビジネスの原理原則を学べるオリジナル教育イベントとして発展させた。

その特長は3つ。
【特長① 成功体験を提供】
チームで協力し合ったり、他人に商品をアピールすることでコミュニケーション力が養えると同時に、商品が売れた喜びは子どもたちにとって確かな成功体験となり、自信へとつながる。収益の一部は子供に関する支援を行っている団体へ寄付されるため、社会貢献の大切さも学べるだろう。

【特長② PDCAサイクルを踏まえた実施フロー】
最初に一人ひとり個別の目標を設定。途中で経過を確認したり、終了後に売上結果を発表したりして、「どのようにすればもっと売上を伸ばせるのか」「目標をクリアできのか」といったディスカッションの場を設けている。学校の勉強やスポーツ、普段の生活にも応用できるPDCAのプロセスを学ぶことができる。

【特長③プロによる指導】
接客やドリンク作りは、外資系大手コーヒーチェーンでホスピタリティやサービスを学んだスタッフが指導。さらに、現役のマーケッターやクリエイターが、お客のインサイトを踏まえたセールスポイントを指導するなど、プロの仕事が学べる。

初めての体験に戸惑う子供も、やっていくうちに徐々にコツをつかみ自信を付けていく。リアルビジネスを通して、わが子にもっと成長してもらいたいと考えているパパ・ママは、ぜひ申し込んでみてはいかがだろうか。

DATE

株式会社Values Fusion

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!