「粘り強い子」ほど幸せに!? 小学生の学校&生活満足度に必要なチカラが研究で判明

「粘り強い子」ほど幸せに!? 小学生の学校&生活満足度に必要なチカラが研究で判明
小学生の学校や生活への満足度に、「粘り強さ」が関係していることがわかった。それらを媒介しているのは自尊感情だという。国際的な科学論文誌に掲載されたこの研究結果、パパ・ママとしても無関心ではいられない。

子供の粘り強さが
学校生活にも影響する?

好奇心は旺盛なのに長続きしない、できないとすぐに諦めてしまう……そんなわが子の行動が気になってしまうことはないだろうか。性格や好みによると割り切ることもできるが、実は子供が充実した日々を送るためには、粘り強く取り組んでやり遂げる喜びを知ることが大切なようだ。

なんとなく妥当な理屈のように感じられるかもしれないが、これは今まで論証されてこなかった新事実。明らかにした大学の研究内容を紹介しよう。

小学生にとって
大事なチカラ&感情が判明!

まず、これまで成人においては、やり抜く力※1が自尊感情※2を媒介して生活満足度につながることがわかっていたが、小学生においては、この関係性は明らかになっていなかった。

※1.やり抜く力:長期的な目標に対する粘り強さや情熱。主に努力の粘り強さと興味の一貫性

※2.自尊感情:自分に対する肯定的な態度

“やり抜く力”や“粘り強さ”などの特性は、昨今話題の非認知能力の1つとしても注目されている。やり抜く力の高さは、教育のアウトカム(学習に対する態度、学業成績、生活満足度など)の良好さにつながることは容易に推察できるだろう。

武蔵野大学教育学部幼児教育学科(東京都西東京市)の今福理博准教授と、学部生だった赤塚愛梨さん※3は、小学生のやり抜く力と、学校および生活の満足度との間に相関関係があるかどうかの調査・研究を実施した。

※3:2020年研究当時、教育学科保育・幼児教育専修(現 幼児教育学科)4年生、2020年度卒業

小学1~6年生の合計107人の子供とその保護者を対象にアンケート調査をし、「日本語版Short Grit(Grit-S)尺度」「日本語版Rosenberg自尊感情尺度」「OECD生徒の学習到達度調査(PISA調査)で使用された学校所属感と生活満足度の尺度」を用いて、やり抜く力、自尊感情、学校満足度、生活満足度を評価。各尺度の得点の関連を調べた。

分析の結果、次の3点が明らかになった。
1)粘り強さが高い児童ほど、自尊感情が高く、学校満足度及び生活満足度が高くなる

2)粘り強さの高さと学校満足度の高さの関係は、自尊感情の高さに媒介される(図1)

図1.やり抜く力-自尊感情-学校満足度の関連

3)粘り強さの高さと生活満足度の高さの関係は、自尊感情の高さに媒介される(図2)

図2.やり抜く力-自尊感情-生活満足度の関連

粘り強くやり抜く子供ほど、学校生活・日常生活に満足していること、そこには自尊感情の高さが働いていることが示唆された。

今後、この研究結果を、教育の現場でどう活用していくかが1つの課題だ。大人が積極的に励ましたりすることで、子供のやり抜く力を伸ばしてあげれば、自尊感情も育まれ、学校・生活への満足度が高まると考えられる。例えば、目標に向けて努力している子供に「がんばっているね」などと声をかけることで、やり抜く力は伸びるかもしれない。

また、個々の子供の中で、やり抜く力がどう育っていくのかを解明することも必要だ。子供の成長に寄り添って観察することで、どのような出来事がやり抜く力を伸ばすのか、わかってくる可能性がある。

この研究の成果は、2022年10月27日、国際科学誌「Child Care in Practice」のオンライン版に掲載された。

じっくり取り組む姿を評価しよう

やり抜く力を育てるのは学校ばかりではなく、家庭の課題でもある。パパ・ママはついつい「早くしなさい」と急き立ててしまうが、目標に向けて頑張っている子供の姿も評価してあげてほしい。じっくりと取り組む中でこそ、関心を深めたり好きなことを見つけたりできるものだ。

スピーディーに結果を出せること以上に、すこやかな自尊感情を持って、人生に満足を感じながら生きられることの方が、わが子にとってはるかに幸せではないだろうか。


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!