わが子の作品を省スペースで保管&飾るには? 簡単でオシャレなフレームがおすすめ!

わが子の作品を省スペースで保管&飾るには? 簡単でオシャレなフレームがおすすめ!
保育園や学校ではもちろん、子供が気まぐれで描いた絵。一枚も捨てることなくとっておきたいのが親心だが、そうもいかない。そこで、コンパクトなサイズに縮小しておうちで飾れるようにできる新アイテムがおすすめだ。

愛着がある子供の絵を
たくさん飾ってあげるには?

子供の絵は発達段階による特徴と、子供の個性、その時の状態が反映され、誰にも真似できないオリジナルな表現だ。すべて飾ってあげたいがスペースの問題もあり、なかなか整理できず収納に困ってしまうという問題も。

そんなわが子の愛おしい作品をスマートにインテリアとして飾れるサービス&アイテムがある。いつもリビングに子供の絵があれば、パパママも描いた本人も幸せではないだろうか。

画用紙の作品もカードサイズに!

株式会社シェリーからリリースされたのが『うちの子ミュージアム』。同社が行ったアンケート調査によれば、多くのパパママが「子供の絵を飾りたい」と思っているものの、その過半数が「スペースがあれば……」と感じていることがわかった。

スペースがないなら絵の方を小さくすればいい、というアイデアから生まれたこのアイテムは、スタイリッシュなフレームに4枚のプレートが付いたもの。立てたり壁掛けにするためのパーツも付属する。

利用方法は、まず注文をしたら、飾る作品を4枚まで写真に撮って同社にメールで送る。7日ほどで作品が、キャッシュカード大(W8.6×H5.8cm)の超硬度な透明ポリカのカードに印刷されて送られてくる。撮影時は、影の写り込みやブレ・ピンボケに気をつけよう。多少の歪みは補正してもらえるので安心だ。カードをプレートにセットしたら、おうちミュージアムの出来上がり。

もちろん絵画だけでなく、写真や書道作品、賞状などもOKだ。ポリカカードなので作品の取り替えや手入れもラクラク。正方形と長方形の2タイプ、さらにフレームのカラーは8種類から選べる。

親子でアートセンスを磨く機会に

自分が一生懸命描いた絵をおうちで飾ってもらうことは、子供が親からの愛情を感じ取る機会にもなる。自分の作品、そして自分自身が大切にされていると思えれば、自己肯定感の向上につながるだろう。

すべてを飾ろうとするよりも、子供と一緒に厳選してみてはどうだろうか。STEAM教育のAはアートのAだ。どこがうまく描けたか話し合いながらセレクトする過程も、アートセンスを磨く足がかりになるかもしれない。


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!