知育には「自由なおもちゃ作り」が最適!? 専門家が教える、手作りおもちゃのコツ

知育には「自由なおもちゃ作り」が最適!? 専門家が教える、手作りおもちゃのコツ
おもちゃは遊ぶだけでなく、子供が自分で作ることでさらに良い体験になるという。では、手作りする時にどんなことに気を付けたらいいのだろうか? おもちゃコンサルタントの岡田さんにそのコツを詳しく聞いた。

>>関連記事【専門家に聞いた「子供を伸ばすおもちゃの選び方・遊び方」大人がおさえたい5項目とは】

見通しを立て、工夫をする。
作る喜びや達成感を味わおう

自分で考えておもちゃを作ることは、楽しい体験になる。

「手作りを通して、まずおもちゃの“仕組み”を知ることができます。仕組みがわかると、『どうやったら遠くに飛ぶかな』など、自分なりに考えて工夫することにつながります。

最近はキット化されたものが増えていますが、おもちゃ作りはもっと自由に取り組めることが理想です。子供の好奇心や意欲を大切に、一生懸命作る姿を見守りたいですね」。

岡田さんは、おもちゃを作ることを“総合的な活動”と表現する。

「おもちゃ作りは、作る過程はもちろん、材料選びや手順の計画、どこを完成とするかなど、考えることが実はたくさんあります。時には大人や友達に声をかけて、一緒に取り組むこともあるでしょう。

自分の手を動かし、形にする喜びを味わい、達成感や満足感にもつながります。自分の心と体と頭で対象に取り組む、その中で人とも関わる、まさに総合的な活動と言えるでしょう」。

日頃からおもちゃ作りに役立ちそうな材料を準備しておくこともおすすめだ。

「作りたいと思った時にすぐに作業ができるよう、お菓子の箱や飲料ボトルなどを子供と一緒に集めておくこと。材料を準備する段階から、おもちゃ作りを楽しんでみてください」。

ポイント
●準備や作業の見通しなど、全体を考える経験に
●思いを形にする喜びや達成感が得られる
●日頃から材料の準備をしておくのがおすすめ

 

教えてくれた人

東京おもちゃ美術館/おもちゃコンサルタント
岡田哲也さん

NPO法人芸術と遊び創造協会 人材育成事業部、東京おもちゃ美術館ディレクターとして、展示・イベント等の企画、運営に携わる。現在、東京おもちゃ美術館及び、全国の姉妹おもちゃ美術館の人材育成などを担当し、全国の幼稚園・保育園・子育て支援センター等で、おもちゃと遊びを広げるワークショップを展開。おもちゃのデザイナーとして、おもちゃを使ったあそびの研究・実践も行う。おもちゃコンサルタント、駒沢女子短期大学・植草学園大学・京都女子大学非常勤講師。


文:鈴木有子

FQ Kids VOL.11(2022年夏号)より転載

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉アフロ先生・阪田隼也さんの「大人と子供が響き合って、育ち合う」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉佐藤卓/親子の「デザイン的思考」入門
〈連載〉和田明日香さんの「むずかしくない食育」
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉照英さんが実践する「子供の才能を伸ばす接し方・話し方」
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!