「新しいことを楽しめるクセを身につけてほしい」エハラマサヒロさんの子育ての流儀とは

「新しいことを楽しめるクセを身につけてほしい」エハラマサヒロさんの子育ての流儀とは
人気お笑い芸人のエハラマサヒロさん。1男3女のパパでもあり、日常の出来事を発信する「エハラ家チャンネル」では、YouTuberとしても活躍中だ。そんなエハラさんに子育ての流儀を聞いてみた。

チャレンジできる“クセ”を
自然と身につけられたら

お笑い芸人、舞台役者、そしてアイドルグループ・吉本坂46など、様々なジャンルで幅広く活躍するエハラマサヒロさん。現在は1男3女のパパとしても奮闘中だ。そして2019年からは自身のYouTubeチャンネル「エハラ家チャンネル」をスタート。登録者はなんと21万人以上にものぼる、人気チャンネルに成長した。なぜYouTubeチャンネルを開設したのだろうか。

「実はYouTubeには、8年くらい前から注目していたんですよ。何回か挑戦してみようと思ったんですがタイミングが合わなくて。そんな時に長女からYouTubeをやってみたい、と言われたんです。最初は芸人として、バラエティ的な動画を作ろうかと考えていました。

でも、カジサックさんやその他のファミリーYouTuberさんの動画を参考にさせていただいて、ホームビデオ的な感覚で、ありのままの日常を流すのも面白いなと思って。それで今のスタイルで発信を始めてみたんです」。

長女の発案で始まったというYouTube。自分だけではなく子供も出演する動画を作る上で、気をつけていることはあるのだろうか。

「動画を“番組化”しないようにしています。僕から子供に何かをさせたり、無理に何かを喋らせるようなことは絶対にしません。ホームビデオって、親が子供の遊んでいる様子をただ撮るだけのものじゃないですか。YouTubeもその延長なんですよ。僕はただ子供が遊んでいて楽しそうにしているのを撮りたいだけなので、その感覚で動画を作っています。撮れ高は全く気にしていませんね(笑)」。

動画を“番組”にするのではなく、あくまで子供の成長記録としてYouTubeを活用するエハラさん。YouTubeだけでなく、家庭での教育方針も、子供の自主性を大切にしているようだ。

「日頃から、新しいことにチャレンジできる“クセ”が自然と身についてくれたらいいなって思っています。というのも、最近よく若い子から『新しいことにどうチャレンジしたらいいのか分からない』と相談されることが多くて。それって新しいことに挑戦した機会があんまりなかったからだと思うんですよ。だから新しいことにチャレンジする時に『面白そう!』という期待よりも、『怖いな……』という不安の方が大きくなってしまうんやろなと。それで身動きが取れなくなってしまう。

でも、ちっちゃい頃から気軽に新しいことにチャレンジできて、不安よりも期待の方が大きいままに育てば、大人になっても新しいことを楽しめる“クセ”がつくんじゃないかなと。逆にチャレンジしてみて、自分には合わないと思ったらやめればいい。例えばですけど、もし仮に子供がYouTubeにはもう出たくないと言えば、その時はスパッとやめるつもりです(笑)」。

子供たちに“楽しい”を
提供できる親でありたい

芸人に舞台にアイドルに、そして子育てに。家でも仕事でも大忙しなエハラさんだが、2年前にはPTAの会長を務めていたという。多忙な中、なぜPTA会長を務めることになったのだろうか。

「実は前々からPTA会長になってほしいとご依頼をいただいていました。その時はお断りさせていただいたんですが、再び『どうしてもお願いします……!』とお声かけをいただいてしまって。仕事で迷惑をかけてしまいますし、どうしたものかと思っていたところ、事情を聞きつけた長女から『会長になってほしい!』と。PTA会長がどういうことをするのか、ぶっちゃけ長女は分かっていなかったと思うのですが……(笑)。結局は長女のひと押しでやってみることになりました。

当然今までやったことなかったですし不安もあったんですが、“怖そう”だからこそあえてやってみようと(笑)。いざやってみると子供の小学校の保護者や先生だけでなく、他の小学校や中学校、教育委員会など自分が想像していた以上に、学校という場所はたくさんの繋がりがあることを知りました。とても勉強になりましたね。その分、スケジュールはかなりハードな1年になりましたけど(笑)」。

新しいことに挑戦する姿勢を、自ら子供たちに体現してみせるエハラさん。最後に子供たちにはどんな人生を歩んでほしいかを聞いてみた。

子供たちが『パパ、ママ。私、今めっちゃ楽しいよ!』って言ってくれるような人生を送ってほしいですね。生まれてきて良かった、と思えるような人生を歩んで欲しい。それが最大の親孝行だと思うんですよね。だから僕は子供たちに、できるだけ“楽しい”ことを提供できる親でありたいです」。

PROFILE

エハラ マサヒロ(MASAHIRO EHARA)

第13回ペアレンティングアワードファミリー部門受賞

1982年5月29日生まれ、大阪府出身。芸人として活躍するほか、2018年「吉本坂46」のメンバーとしてデビュー。プライベートでは美羽(みう)ちゃん10歳、風羽(ふう)ちゃん8歳、音羽(おとは)ちゃん5歳、羽汰(うた)くん1歳のパパでもあり、YouTubeチャンネル「エハラ家チャンネル」で、家族の楽しい日常を配信中。


写真:藤記美帆 
文:内藤祐介

FQ Kids VOL.05(2021年冬号)より転載

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!