化学反応を起こしてリアルな麺作りに挑戦! 試行錯誤を楽しむクッキングキットって?

化学反応を起こしてリアルな麺作りに挑戦! 試行錯誤を楽しむクッキングキットって?
子供の想像力を育むおままごとやお店などのごっこ遊び。そんな遊びにうってつけ、さらには化学反応も体感できるオモチャが登場した。おうち遊びを盛り上げる、その内容とは?

知育系お菓子好きに
おすすめのオモチャ

おうち時間が増える中で人気が上昇した知育系お菓子。材料や型がキットになっていて、混ぜると色が変わり、作った後は食べられるといったものだ。もっと本格的に化学変化を楽しみたいという子供にピッタリの工作キットがある。ベビー用品ブランド「EDISONmama(エジソンママ)」、玩具ブランド「EDISONToy(エジソントイ)」の『ぷにょぷにょクッキング』だ。

こちらは本物の食べ物ではないが、楽しみながら化学の不思議に触れられる遊びの小道具としておすすめしたい。

気分は本格派麺職人

『ぷにょぷにょクッキング』は、カラーインク6本(6色)、型(トッピング)8種類、お鍋、コンロ、お玉、お皿2種類、ナイフ、フォーク、スプーン、トング、凝固パウダー6袋、遊び方ガイドが揃ったキットになっている。自分で用意するのはお水だけだ。

食べ物の素材となるカラーインクは、食品添加物としてよく使用されるアルギン酸ナトリウムが主原料。凝固パウダーは塩化カルシウムだ。アルギン酸ナトリウムと塩化カルシウムの反応は人工イクラの製法にも使用されている。

そしてこの『ぷにょぷにょクッキング』で作ることができるのは主にラーメン、焼きそば、うどんといった麺類。お鍋にお水を入れて凝固パウダーを溶かし、そこにカラーインクを流し込むと、凝固して麺になる。注ぎ具合を変えて細麵にしたり太麺にしたりと、自分好みの麺を作ることができるのだ。

トッピングは付属の型にカラーインクを流し込んで作る。えびやマッシュルームの型もあって少し贅沢な仕上げも可能。コンロのボタンを押せば光・音・泡が出て、リアルなごっこ遊びを演出してくれる。

たくさん遊んでカラーインクや凝固パウダーがなくなってしまっても、公式オンラインショップ「イーエジソン」で購入可能なので安心だ。

さらに多様な楽しみ方も

付属の型だけでなく、ゼリーのカップやスプーンなど、家にあるものを使って試すこともできる。どんな形になるか想像したり新しい発見をしたりと、多様な楽しみ方ができそうだ。

さらにパパママがこっそりカラーインクが固まる仕組みを語れるように予習しておけば、わが子の感激は2倍になるかもしれない。


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!