先端デジタル技術でAI体験も! 夏休みにオススメの屋内アトラクションが新登場

先端デジタル技術でAI体験も! 夏休みにオススメの屋内アトラクションが新登場
せっかくの夏休み、遠出や人混みは避けたいけど親子のお出かけも楽しみたい。そんなパパママに、お絵描きをしながら異世界を冒険できる屋内アトラクションがおすすめだ。わが子の画才を見出せるかも?

遊びを通して学ぶ

自由に遊んでおいで! と放任するには気が引けるコロナ禍&猛暑の夏休み。何かわくわくドキドキするようなちょっとした特別体験もさせてあげたい。そんなパパママにおすすめなのが、全国展開している次世代型テーマパーク「リトルプラネット」にこの夏登場した『SKETCH DUNGEON(スケッチダンジョン)/お絵かきAIダンジョン』だ。

「遊びが学びに変わる」をコンセプトにしたテーマパークで、どのように遊び何を学ぶことができるのか、チェックしてみよう。

絵を描きながら洞窟探検!

リトルプラネットは、現在全国8ヶ所の大型商業施設内で常設パークとして運営されている。既存のアトラクションには、AR(拡張現実)技術を使った砂遊び『SAND PARTY!』やデジタル紙相撲『PAPER RIKISHI』などがある。先端のデジタル技術とアナログ体験のハイブリッドともいえる、独自の遊びが売りだ。

そこに加わる『SKETCH DUNGEON』。プレイヤーは古代遺跡をイメージさせる洞窟の中で石板に向かう。すると石板に浮かぶのは絵の「お題」。お題の絵を石板に描くと、AIが瞬時に画力を判定してくれるのだ。

より速くお題に沿った絵を描き得点を稼いでいくと、洞窟の奥に眠るという宝物を目指して進んでいくことができる。また、AIもプレイヤーの絵を学習して判定の精度が上がっていくので、遊びながらAIに学習させていく感覚を体得できる。

親子で1日楽しもう

子供のチャレンジ精神をくすぐるお絵描き✕冒険のコラボレーション。先端のデジタルアトラクションにパパママの方がハマってしまう可能性もある。一緒に洞窟探索を楽しみながら、わが子なりの表現のツボを見つけてみても面白いだろう。

設置パークおよび詳しい稼働スケジュールはお出かけ前に各パークの公式ページ(litpla.com)で必ず確認しよう。買い物や食事を楽しみつつパークで思い切りはしゃげば、充実した夏休みの1日になるはず。おうちでお絵かきの延長戦が繰り広げられるかも……?


文:平井達也

人気の特集・連載記事 人気の特集・連載記事

〈特集〉「おうちで・楽しく・短時間で」実践に使える英語力をみにつける
〈特集〉おうちで遊ぶ・おうちで学ぶ
〈特集〉非認知能力をはぐくむ「おんがくのチカラ」
〈連載〉てぃ先生の子育てお悩み相談室
〈連載〉小島慶子さんが語る「子育て 世育て 親育て」
〈連載〉平田オリザ “わからない”を超えるチカラ -演劇×コミュニケーション能力-
〈連載〉鶴岡そらやすの「LGBTを通して子育てを考える」

FQKids | これからの幼児教育を考えるメディア

Follow us!